木造を耐震補強


木造を耐震補強

 

木造住宅ですと、地震の際にその建物がどのくらい耐えうるものなのか、とても心配です
よね。まずは耐震診断をお願いして、その結果、耐震性が不足している場合、できるだけ
早く耐震改修工事を行うようにしなければなりません。

耐震診断では、屋根、接合部、壁、建物の基礎等といった箇所が診断ポイントとなります。
それによって、耐震強化を行うために、補強処置が施されます。例えば、木造住宅で、基
礎の土台がしっかり安定されていないと、地震が大きな場合は、瞬く間に倒壊してしまう
可能性が大きくなります。

また、この耐震工事を行うことで、地震の揺れを低減させる働きもする改修工法がありま
す。それは、免震改修工法という手法で、建物の外観も美しく保たれます。また、接合部
が空洞だったり、外れていたりすることで、やはりこれも倒壊の危険性が高まります。鉄
筋でつなぎ合わせて固定をすることで補強されます。

例えば、制震工法という手法では、壁の内側や外側、あるいは仕口にオイルダンパという
金具を設置することで、地震の被害も最小限に食い止めることができるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です